日本に帰ってから、僕は大学で文学部の国文学科だったので、古典を中心に学ぶようにしました(結局大学に戻りました)。
その中でも特に和歌が好きでした。

音楽では、お経や伝統的な和楽器を取り入れ、日本の古い音階を勉強し、自分独自の音楽を作ろうと試みていました。

結果。
誰にも理解されず。失敗。

結局僕は、マニアックな方向に走ってしまったのでした。
オンリーワンなスタイルではあるけれども、その音楽は、自然に体に入ってくるものではありませんでした。

その結果で分かったこと。
やっぱり芸術は、多くの人たちに喜んでもらわなくては成立しない。
聞く人の気持ちを考えずに、自分のエゴで音楽を作っては、自分が孤立してしまうだけだ。

孤独はイヤでした。
孤独が待っていると分かっていて、マニアックな音楽を作り続けるつもりはありませんでした。

tokyo valley
TOP Web Magazine Net Radio Designing
ウェブマガジン 第3号

  '.$title1.'
タイトル Title

名前 Name

メール Mail

メッセージ Message

';?> '.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>-->'.$next.'';?>
Since 2006 ©Tokyo Valley - スコーン - カーペット - 男性用着物

.