tokyovalley
TOP Web Magazine Net Radio Designing
 
東京バレーのコンセプト
Concepts of Tokyo Valley

 by shimizu


東京バレーのキーワード:ボーダーレスコミュニケーション
Keyword of Tokyo Valley : Borderless Communication


新しいサービス開発に向けてのコンセプト:
Concept for Development of a New Service :

 
提供するサービスの方向:   人と人との信頼関係をリアル以上に築けるようなインターネットサービス。
バーチャルでのコミュニケーション・コミュニティを活発化するようなプラットフォームはどんなものがいいか、東京バレーのみんなで話し合って作り出したいです。
Direction of a provided service:   An internet service where you can build a relationship of person to person in the virtual world more than the real world.
I hope we think and discuss what type of a platform where virtual communication and community are activated should be used , and we make the expectable platform.


話し合いの方法:  

基本的には、個人対個人でのメールやチャット、ボイスなどを使って話し合っていきたいです。
例えばウェブサイト上の会議室やメーリングリストなどの多くの人が一斉に閲覧・発言する場というよりは、2〜3人しか共有しない場での話し合いを多くしていきたいです。
※外国人も話し合いの輪にくわえたいです。しかもグローバルスタンダードな自己主張を基礎としたコミュニケーション方法ではなく、譲り合いを美学とした交流にしたいです。

The way to talk :  

Basically, I hope we talk about the new service by mail, chat or voice because their feature is interpersonal.
For example, I'd like to talk at a private and small place where 2 or 3 people can talk like chat room and private email, rather than at a public and large place where many people can talk and see like conference room on a website and mailing list.
I hope people from abroad other than Japan are added on the talking place. More, I think we should have the way of communication where spirit of give-and-take is considered good and modest, rather than the way of communication where self-assertiveness is considered good as global standard.



視点:   インターネットサービスというと、googleやmixiといったウェブサイトを想像されるかもしれません。
しかし、まずはユーザのライフスタイルやコミュニケーション方法を思い描く必要があると思います。
その上で提供するサービスは、ひょっとしたらパソコンや携帯のブラウザで閲覧するウェブサイトという形態ではないかもしれません。
例えば以下のようなサービスになる可能性もあります。
・既存のサービスの新しい使い方を教えるだけ。
・ブラウザではない別のアプリケーション。
・パソコンでも携帯でもない別のハードウェア。
・ユーザは端末に触らずに、リアルのある店舗にいるスタッフとコンタクトを取る。インターネットはバックグラウンドで動作しているだけ。
Point of view :   You might imagine websites like google and myspace when you hear the word of an internet service.
But I think we should imagine users' lifestyle and communication way at first.
For example, there is a possibility that completed services will be following:
Only teaching how to use existing services;
An application other than a browser;
Hardware other than PC and cell phone;
Users don't use terminal directly and they make contact with staff in the REAL shop but not VIRTUAL. Internet runs in the background.


組織に関するコンセプト:
Concept about organization:

  アイディアのみが必要であり実務はそれほど必要でない現段階では、実働部隊は不要だと思います。
そこで、経営者と実働部隊は僕一人にし、経営顧問を多くかかえる状態を作りたいです。
僕が経営顧問のみんな一人一人から意見を聞き、良いと感じた意見を採用したり、他の経営顧問に伝えたりする、という方法です。
実働部隊がより多く必要になり増えた時には、僕が経営顧問側と実働部隊のパイプ役を果たそうと考えています。

  I don't think we need an actual working team, because we need mainly idea rather than actual working.
So I hope a management executive and an actual working team is only me and we have many consultants on business methods.
That is the way I consult wih each consultant on business methods , hear their opinions, get good opinions and convery the opinions to the other consultants.
I think I'm gonna serve as liaison bridge between a actually working team and consultants when the members of the actually working team are needed more and increase more.


  '.$title1.'
タイトル Title

名前 Name

メール Mail

メッセージ Message

';?> '.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>'.$no.'>'.$sub.'/'.$name.'   '.$now.'
'.$com.'

';?>-->'.$next.'';?>

Since 2006 ©Tokyo Valley - スコーン - カーペット - 男性用着物

.